海の向こうの君に

40代終盤で既婚の私が海外に住む16歳(恐らく)年下の独身王子君と恋に落ちてしまった。きっとこんな関係二度とないだろうから、思い出の記録として残そうと思います。

親密交流 帰国

4泊5日の旅も終わり


朝六時ホテルを出て帰国のみ


あまりに予想外の展開になり


想像以上の楽しさ


空港着いたらお別れ


旅の楽しい思い出!帰ったらまた普通の生活


なのに、わかっているのに自然と涙が流れた


王子くん黙って肩をぎゅって抱いてくれた


時間も迫ってて、ドラマのような別れも出来ず


日本について着いたよ


入れたけど返事なし


夢の世界は終わったんだなと思いながら


帰宅


夜チャットが


どうも帰って昼から仕事したらしい


そして…


国際交流から親密交流からほんとの愛の交流


へと変わった


好きになるのに時間も言葉もいらないんだね


そんな気持ちにさせてくれたのは王子くんだけ


それ以来今日まで夜のチャットは


欠かさず来る


もう終わるかな?終わるかな?と思いに反して


こんな私を愛してくれて感謝だわ


もうすぐ二度目の再会


「今度はたくさんキスマークつけるよ」


私もつけるもん!競争よ!私が勝つと思うけど( ̄ー+ ̄)


「僕が追い込むからね!」


待ちきれないよー!!!!