海の向こうの君に

40代終盤で既婚の私が海外に住む16歳(恐らく)年下の独身王子君と恋に落ちてしまった。きっとこんな関係二度とないだろうから、思い出の記録として残そうと思います。

親密交流4日目 どこまでも優しい

村を朝散策して、手を繋ぎ珍しい特産のおやつなんかを買っ


て、あーん🎵と口にいれてあげる


王子くんも食べたことのない特産品二人で美味しい美味しい


と言いながら食べ歩き


それからバスで戻るのに少し待つ間、そばに広い菜の花畑


回りを見るとみんな年齢関係なく(笑)


女性をモデルに撮ってる


「王女菜の花のとこに立って!」


と、モデルの真似をする


一緒に撮ろうよ🎵


変顔したり、笑ったり、キスして撮ろうとするのでふざけたり

今みても笑えちゃう


バスに乗り


「これ聞く?」一緒にスマホで王子の好きな音楽を聴く


洋楽のソフトロックやオルタナティブが好きな模様


今は全く音楽に興味のない私


新鮮で一緒に聞いた


「王女は何聴くの?」


う、、最近流れるものを適当に聞いてるだけ(汗)


昔の言っても時代が違いすぎるから(汗)


でもしばらくよく聞いたワンオク


それを教えてあげた


聞きながら口ずさんでると


「静に静に!」


あっ!すぐ回りを忘れちゃう(笑)


「今度王女にこれを歌ってあげる🎵」


楽しみだな❤


バスは最後の観光地向けて走ってる


二人は一つのイヤホンで聞きながらうたた寝することにした